ニュースで話題になってる風営法

>

風営法について

どんな事件があるのか

まず多いのは風営法で認められた店の中で未成年が深夜遅くまで利用している案件が多いかと思われます。
そのような内容はゲームセンターなどで遊びすぎて時間を忘れて遊んでしまったというようなケースが多くあるかもしれませんが、未成年の補導関係でニュースに挙げられたりすることが多くあります。
そんな彼らはまだ警察に補導されるだけでならまだいいのかもしれませんが、もっとひどい時はそのような場所に未成年が遊びに行き、その楽しみを覚え、未成年者たちのモラル崩壊をしてしまう可能性もあり得ます。
こういった教育問題が表に出てしまい、ニュースでも問題となってしまい風営法に関しているお店をより厳しく取り締まるようになります。

もっと深い事件

もしあなたが風営法に関する店、例えばキャバクラやナイトクラブなどに顔を出していったら、それは深夜営業の時間、つまり犯罪率が最も高くなる時間帯に顔を出すようなものです。
その店の中には純粋に楽しみたいというような客もいれば、少し危ない人たちもたくさんいるのです。
そのお店に入って楽しむ客のふりをして麻薬や銃の取引販売をしているお店もあるかもしれません。
そんな危険なお店がたくさんあるので風営法が許可されているお店でもできるだけ命に関わるようなところにはいかないように気をつけてください。
そのようなお店に出入りしているとニュースに取り上げられていたのでしたら、今後自分の身の安全のためにそのお店を避けるなど工夫をしていきましょう。


この記事をシェアする